このページではJavaScriptを使用しています。

高床式ハイブリッド防災住宅 TAKAYUKA

 

 


 

高床式住居ってなに?

 

居住空間を直接地面に設けず柱を組み床を高く造る方法

その昔は外敵から身を守るため

現在は災害から家を守るため

私たちはこれまでに培ってきた鉄筋コンクリートと木造建築の技術を結集。

1階を鉄筋コンクリートの持つ地震、風水害など災害への強さと高い遮音性

2階を木造が持つ木の温もりと軽量さとローコスト

このふたつのメリットを掛け合わせたハイブリット防災住宅

 

TAKAYUKA

の誕生です。

 


 

 

コンセプト

 

 

 


 

災害に強い

 

雪国の住宅では1階をコンクリートで造り、2階から木造で造る建て方があります。玄関も2階に設ける特徴的な住宅は1階が埋もれてしまうほど雪が積もる豪雪地域ならではの知恵ですが積雪の少ない地域でも昨今の豪雨による浸水が懸念されています。特に私たちが暮らす足立区にとっては身近な問題です。こうした問題を解決して安心して暮らしたい。そんな想いから防災を考えた時、雪国の知恵から多くの利点が得られると考えました。

 

 

浸水に備えて

 

1階が強靭な鉄筋コンクリートのTAKAYUKAの階高は3.8m。(ここでは地面から2階の床までの高さ)2階の床が浸かってしまうほどの3.5mの高さの浸水でも2階に水回りを設けることで被害を最小限に食い止め生活空間を確保することが可能になります。しかし、一般的な住宅の階高は3.1m程度。もし、このような水害が実際に起った場合、一般的な建物は2階も床上浸水となり、さらに木造の場合は水に浸かってしまった構造体や断熱材の性能劣化が起こる懸念があり暮らしそのものに大きな被害を受けてしまいます。しかしTAKAYUKAは暮らしへの影響を最小限に浸水による構造体の影響は受けません。

 

 

 

震度7の地震も耐える

 

大きな地震で建物に影響を強く受けるのは1階ですが、TAKAYUKAは柱のない壁式鉄筋コンクリートです。コンクリート造でも在来工法と呼ばれる柱や梁のドイツ語で「ラーメン」と呼ばれるフレーム形状ではなく、壁と床の面で構成されたモノコック形状の壁式鉄筋コンクリートは地震の揺れや建物にかかる力を効率よく分散するため、より屈強なコンクリート造といえます。そのコンクリートの上に乗る木造の2階部分は2階でありながら木部の階層数は平屋と同じ1階、つまりは平屋住宅と同じ安定性があるといえます。

 

 

被災後に差がつく

 

私たちが考える防災とは、一般的な災害予防のみではなく災害復旧までを「防災」と考えます。災害を未然に防ぐ被害抑止、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含め、想定される地震、浸水から家を守ります。

 

 


 

コンクリートの高い遮音性

 

遮音性は物質の質量が重いほど効果が高まりコンクリートの重量は木造の5倍にもなります。TAKAYUKAの遮音性能は-50dB、沿線の車の音や工事の音、近隣の生活音など、さまざまな騒音の中でも室内では静かで快適な空間が安らぎを与えてくれます。

 

また同様に室内の音が外部に漏れにくいためシアタールームなど活用の幅と楽しみが広がります。実際に音楽教室をされているお客様から防音工事も音響工事もせずに済んだと大変、満足していただいております。

 

 


 

コストメリット

 

 

足立区など地盤の弱い地域で2階建て以上の建物すべてを鉄筋コンクリートにした場合、杭工事が必要になり地盤に木造住宅を1軒建てれてしまうほどの費用がかかってしまう場合があり、現実的とは言えません。コンクリートのメリットでありデメッリットでもある、重いという事が地域によっては一概に良いとは言えないケースです。TAKAYUKAは2階を軽量な木造にすることで重量バランスを解決し、木造と同程度の地盤改良で済みます。これにより大幅なコストメリットとコンクリートと木造の優れた性質を両立することになりました。

建てた後のメンテナンスコストも木造で建てた場合に比べコンクリートの耐用年数47年は木造22年の2倍以上あり約半減します。そして、元々、壁式鉄筋コンクリートと木造をご提供してきた私たちには多様な経験と蓄積を活かし、諦めてしまっていたコンクリート住宅を更には木造とのハイブリッド防災住宅TAKAYUKAを木造価格でご提供いたします。

 

 

 


 

第三者機関によるチェック

 

 

TAKAYUKA鉄骨や鉄筋コンクリートと同様に一邸一邸、第三者機関による厳正な構造のチェックを受けます。木造の場合、2階建て程度では設計者の裁量に委ねられ第三者機関の構造のチェックはありません。TAKAYUKAはその分、設計と施工に精通していなければなりませんが、どちらも私たちの得意とするところです。また、公的なお墨付きが得られます。

 

 

 


 

TAKAYUKA PLAN

 

 

 

 

 

 

TAKAYUKAは諦めてしまっていたコンクリート住宅への夢と災害への不安に木造を取り入れ、住まいについて安心と安全を考えた住宅です。詳しくはお気軽にお問い合わせください。